テクニシャンの多い店 堀之内 『クラブせがわ』

クラブせがわ

今の風俗の原型を作ったとも言えるソープランドは、そのテクニックでお客を魅了してきた歴史があります。
マットプレイを始めとするソープの特殊なテクニックには当然「うまい、ヘタ」があり、未熟なキャストに当たるとソープの醍醐味は味わえません。
最近ではこういったソープ独特のテクニックよりもキャストのビジュアルや年齢、コスプレなどのイメージプレイで集客を狙う店舗が増え、それにともなってキャストの平均年令も低下しています。
昔ながらのソープファンとしては淋しい限りですが、川崎、堀之内のソープにはまだこの”テクニック”を重視したソープも生き残っています。
『クラブせがわ』は「熟女の店」として知られていますが、伝統的なソープテクニックが味わえる店としての一面もつ人気店です。
80分20Kという大衆店ながら、店の構えも立派で個室も非常に大きく、存分にマットプレイを受けることができるソープです。
キャストには基本的に「若い娘」が少ないので、熟女好きの愛好家に親しまれています。
堀之内では少ないNSサービスでも知る人ぞ知る存在であり、コスパの高さはNO.1と言えるかもしれません。
送迎もある店ですが、堀之内のソープ街をぶらりと見てみたくて川崎駅から歩いて向かいました。
相変わらず人通りが少ない堀之内ですが、店内にはお客がぎっしりと時間待ちをしていました。
愛想のいい店員さんにパネルを出されて待ち時間無しの嬢2名のパネルを拝見しました。
ムッチムチの爆乳嬢のAさんに決めていくつかある待合の一つに通されました。
エントランスも待合も非常に清潔で堀之内のソープ店の中ではかなり広い店内に驚きました。
10分経ってA嬢が登場。
パネマジ感は強かったですが、すごくキレイで魅力的な熟女でした。
爆乳はかなりのもので、早くもアソコが反応してしまいます。
落ち着いた雰囲気で挨拶されて個室に入りました。
まさかの大衆店での即Fで迎え入れられ、スタートダッシュ的なプレイになすがママになりました。
噂通りのハードなプレイは流れるようにマットまで持ち込まれ、すさまじいフェラで第一弾の発射となりました。
密着感の強いマットプレイでは常にイキそうで、自分をコントロールしていないと太ももとか、膝の裏とかで射精しそうになります。
A嬢が僕の手を自分のバストに当てながら騎乗位で挿入した時にはすでに発射準備が整ってしまっていて、挿入5秒で生射精してしまい恥ずかしくなりました。
この日はどうにかしていたのか、お掃除フェラの後のDKしながらの手コキでさらにイキそうになり、それは何とか堪えてベッドに持ち込みました。
「これがソープだ!」と言わんばかりの連続的なテクニックにすっかり魅了されてしまいました。
ベッドでさらに騎乗位で高速グラインドを決められ、あえなく最終射精を終え、ピロートークで癒されながらタイムアウトとなりました。
ドアまでお見送りされて上がり部屋に入った時は少し膝が震えるかのような錯覚を覚え、プレイのハードさをそこで実感するのでした。

http://www.stargroup.jp/clubsegawa/index.html