川崎のソープ求人は必要経費も考えて選ぼう

ソープランド求人を利用して、いざ川崎で働くとなった場合にある程度の初期費用が必要となります。ソープランドでは様々な備品が必要になるわけですが、その備品代というのは全て自腹で支払うシステムとなっているのです。コンドームやローション、タオル、お客様に出すお茶、着る衣装にスリッパ、髪留めや名刺に至るまで、自分の得た報酬から出すことになります。ソープランド求人で稼ぎたいのであれば、こうした初期投資や継続的な出費の部分は計算に入れておきたいものです。

◆ 基本的な備品は店が低価格で用意している
ソープランドで使われる備品の中でも、必須と言われる物はお店側が用意していることがあります。お店側が大量にまとめて仕入れ、それをキャストが購入して使用するという形となっていて、コンドームやローション、お茶やタバコなどが代表的です。こういったものは雑費という形で徴収されていて、店によっては1日あたり、または接客1回ごとと違い、その金額も数千円単位で差があります。
こうした基本的な備品以外は、全て自腹で用意する必要があります。宣材の写真とかヘアメイク、衣装、名刺、性病検査代などなど、中には高額になる物もあります。しかし、この辺りはお店によってかなり大きく変わるもので、お店によっては宣材写真や衣装なんかも用意していてくれることもありますし、上記のお茶やタバコなども全部自腹で用意するということもあります。

◆ お店のランクによって備品代は変わる
基本的に高級店になればなるほど、初期投資や継続の備品代は高くなります。高級店で安い備品を使っていると、ケチな女性と見られて客離れの理由になるからです。身だしなみに使う金額も高くなり、出勤のたびに美容院でヘアメイクをしてもらったり、着る衣装や用意する飲み物やお土産代なんかも発生します。格安店と高級店では、その金額の差はかなりの物になります。高級店であればその金額は数万では収まらず、数十万単位になることもあるようです。

◆ 安くてそれなりの物を使うか高くても良い物を使うかを考えよう
お店側が用意している備品は、とにかく価格優先ということもあって確かに普通に買うよりはかなり安いです。しかし、やはり安価で仕入れるローションなどは肌に合わないという人もいますし、コンドームも質が良くない物ことが多いようです。もし、肌に合わないローションを使って肌荒れなどになればスキンケアにお金が掛かりますし、変なコンドームを使ってゴム擦れなどになれば出勤するのが難しくなり、結果的に稼げなくなってしまいます。

長い目で見ると、こうした出費の差は大きくなっていきます。収入面ばかりではなく、出費の部分にも注目していくのが、より稼げるソープランド求人の探し方と言えるでしょう。