ソープランドにおける接客傾向の是非

風俗の中でも最高に濃厚なプレイが楽しめると評判のソープランド。
昔からそのサービスには定評があって、今でもそうした普通では得難いプロのテクニックというのを体験したくてソープランドを訪れる方は少なくありません。
しかし、最近のソープランドでは、昔ながらのプロのテクニックを用いた接客ではなく、恋人のように接してくれる恋人接客というものが流行っていて、ソープ愛好家の間でも意見が分かれています。

元来ソープランドのサービスに求められることと言えば、経験豊富なソープ嬢による一般女性よりも優れたテクニックを味わうことでした。
例えば、ソープランドでは当たり前に行われているマットプレイなどはその代表的な物で、「いかに男性を気持ち良く出来るか」ということを追求したことで出来たプレイなのです。
男性もそうしたプレイを楽しみにソープランドへ足を運んだものですが、昨今ではちょっと傾向が変わっています。

この傾向の変化ですが、デリヘルの台頭が大きいと言われていて、デリヘルはソープランドと違ってプロの仕事よりも恋人のような接客が求められることが多いです。
「自宅へ女性を呼んでプレイが出来る」というシステムですから、そういう接客を求めるようになるのも納得です。
そして、普段デリヘルを利用している男性がソープランドを利用する際、事務的とも取れる従来の接客よりもデリヘルと同じような恋人接客を望むようになったことが大きいと言われています。
それ以外にも、デリヘル嬢がソープ嬢となったときに恋人接客をしていることがあったり、お店が風俗業界全体の流行と認識して恋人接客を採り入れているなど、様々な条件が重なったことで接客傾向が変化しているようです

従来のプロの接客と新しい恋人接客、どちらが良いかというのは人にもよりますが、男性の年齢である程度分かれるようです。
中年以降になると恋人接客よりも従来の接客を好み、若い人ほど恋人接客を好むと言われています。
これは、高齢のお客さんが多い高級ソープでは今まで通りのプロの仕事を売りにしている所が多く、若い人が利用しやすい低価格店では恋人接客の方が主流となっていることからも伺い知ることが出来ます。

ソープランドにおける接客の是非は、どちらが正しいということはありません。
先述の通り、従来の接客は事務的と捉えられることもありますし、恋人接客をプレイの技術を磨くことをしない手抜きと捉えられることも。
また、ソープ嬢によってはテクニックが無いのを恋人接客ということで誤魔化している風潮もありますので何とも言い難いところですが、それも素人系を売りにしたお店であれば正しいと言えます。

自分の好みの接客がどうあれ、ソープランドへ遊びに行く前には、事前にお目当ての嬢がどういう接客をするのかを調べておくべきでしょう。
紹介ページなどではその嬢の接客傾向も記載されていることも多く、判断には困ることはないでしょう。
色々な接客を楽しめるというのもソープランドの一つの魅力ですから、色々な嬢と遊んで十人十色の接客を楽しんでみるのも面白いかもしれません。