「性の病の処方箋」福原ソープならば病的な性欲を持つ男性を完治できる!

「性欲」とは厄介なもので、かの心理学者フロイトも人間の性の抑圧が様々な病気の原因になったり、犯罪に走らせたりするということを力説しています。
実際に長く性行為をしないと、様々なメンタルの歪みを生み、性格や行動・考え方にまで悪影響を及ぼすことが実感できるのです。
そこで、性的不満が原因で起きている男性の病的な症状別に、福原ソープランドのどんなプレイが”効く”のかを解説してみました。

●「人肌恋しい病」の男性には

セックス以前に、女性との交流が際立って少ない男性が増えているようです。
いわゆる「オタク系」や「草食男子」など、童貞やセカンド童貞の男性のメンタルは乱れやすいのです。

この症状には、福原ソープランドでも「オーソドックス系」が有効な処方箋となるでしょう。
多くのコンセプトプレイがある福原ですが、普通にソープ嬢と話をしながら普通に服を脱ぎ、そして”普通にセックスをする”といった、当たり前の男女の営みがそこにあります。

オーソドックス系のソープ店のコンパニオンは、とにかくソフトに接してくれるので、女性に免疫のない男性でも十分に対応することができるでしょう。

●「甘えたい症候群」の男性には

最近では「女性に甘えたい」という男性が増えているそうで、これは性の抑圧が慢性化し「第2段階」にまで症状が悪化してしまったものだと考えられます。
男性は自分の願望が叶えられないと”幼児化”してしまうそうで、子供になってもう一度お母さんに甘えたいといった衝動が起きるのだそうです。

甘えたい症候群の男性ならば「人妻・熟女店」がおすすめです。
人妻熟女店のコンパニオンたちは、最もソープ嬢としての経歴も長く、また人生経験を積んでいるためか「男性が可愛く感じられる」人が多いそうです。

まさに甘えたい症候群の男性には打って付けですね。
福原には人妻・熟女店が10店舗ほど営業しています。

●「女性を征服したい」男性には

「英雄色を好む」といいますが、男性の野心と性欲にもまた深い関係性があるようです。
仕事ができてバイタリティもあり活発な男性でも、恋愛ではうまくいかずに、あと一歩伸びないことがよくあります。
心身ともに活力をみなぎらせるためには、「先に女性を征服」してしまうことが大切です。
性欲でムラムラしていては、本当の実力は発揮できないはずです。

福原ソープ街では「2輪車」という複数プレイができる店舗がたくさんあります。
他の地域のソープ街では高級店くらいでしか2輪車はできませんが、福原ならば低価格帯の店舗でも実現可能なのです。

一度に複数の女性を相手にすると、もう気分は「ハーレム状態」です。
「女を征服したぞ!!」という自信は、きっと仕事にも役立てられるはずです。

●「いじめられたい願望」の男性には

どういった精神活動の過程でそうなるのか分かりませんが、「女性にいじめられたい」という男性は少なくありません。
これもきっと性欲が満たされないことが原因なのでしょうが、”普通のプレイ”では完治させることができません。

SM願望は我慢をすればするほど危険な精神状態になるので、まずはに多様なプレイをしながら「リハビリ」のつもりで福原に行ってみましょう。

一般的にソープ業界の中に「SM」はほとんど存在しませんが、福原にはちゃんと数店舗あるのです。
ソフト系になりますが、SMやボンテージでいたぶられながら、最終的には射精まで到達することができます。

●まとめ

いかがでしたでしょうか?
まさに福原は「性の総合医療センター」ともいえるほどの対応力を持った歓楽街なのです。
今回ご紹介した以外にも、性の悩みを抱えた男性はたくさんおられるはずです。
グーグル検索エンジンに「福原ソープランド」と入力して各店舗の特色から、自分の症状に合致したプレイを探してみましょう。