川崎ソープ街(堀之内 南町)での遊び方

川崎のソープ街は遠方の方では知らない人も多い場所です。
しかし実情は1キロ四方の狭い地域に数十店舗ものソープランドが密集する関東屈指の激戦区であり。
そのほとんどが川崎駅から南下し、左右に振り分けられた「堀之内」と「南町」に存在します。
堀之内には約50店舗、南町には約20店舗ソープランドがあり、低価格で質の高いお店が多いソープ街なのです。
川崎のソープランド街には駅から徒歩で10分くらいで到着できますが、この距離であっても送迎がある店舗も多く、車で行かれる場合でもコイン駐車場が多く点在しますので心配ありません。
電車でのアクセスは関東全般から直通で行けるJR、京急、京浜東北線、南武線が乗り入れされる主要駅の川崎駅が最寄り駅になります。
川崎はギャンブルの街としても有名であり、競馬場や競輪場、パチンコ店で勝利したお客の憩いの場ともなっています。
多くの大衆店があることから近隣の若い男性の「ソープ初体験」をする者も多く、川崎駅周辺の複合商業施設で遊びがてらソープ街の存在を知る、という認知のされ方もあるようです。
ソープ密集街でありがちな「どのお店に行っていいのか迷う」という事に関しては、格店舗でオフィシャルペーじをWEB上で公開しているので参考にするとよいでしょう。
また風俗街としては重要な場所でもありますので、風俗情報サイト「ヘブンネット、マンパラなど」多くのポータル比較サイトや体験談レポートを掲載したサイトも多くあります。
こういったもので情報を収集して失敗のないソープ遊びをすることが現在では有効な方法として主流になりつつあります。
また川崎のソープ街の特徴としてはリピーターを大切にする性質があり、格店舗のオフィシャルページには「会員」や「メルマガ会員」などを設置し、いち早い情報とキャンペーンで集客を狙うお店が多いので、パソコンが無くともスマホを使ってこういったお得システムを利用するとよいでしょう。
川崎ソープ街には3つの組合があり、堀之内地域には「堀之内特殊浴場協会」「川崎堀之内ソープランド協会」の2つ、南街地域には「川崎南町特殊浴場協会」があり、これらのソープ組合も独自にオフィシャルサイトを公表して川崎のソープ街の紹介をしています。
ソープランドを主体として作られた地図などはダウンロードして一枚持っておくと非常に便利に使うことができます。
歓楽街の一面を持ちながら意外と治安のいい街です。
ポン引きなどもほとんどおらず、川崎に着いてからゆっくり散策をするという方法もあります。
友人と連れ立って別々の店舗で遊んでからまた合流し、近くの居酒屋で情報交換をしている風景を見るのも珍しくありません。