川崎のソープ街、堀之内と南町の違いと魅力

堀之内と南町の地図

川崎と言えば歴史があり関東でも有数のソープ街として知られています。
吉原ほどの知名度ではないにしろ、ソープ街としてはかなり有名な場所だと思います。

元々は堀之内から南町まで遊郭がまたがっていた様ですが、明治時代になって堀之内のお店は南町へと移転することになりました。
でも移転しないでそのまま残ったお店もあった為、今のような形で堀之内と南町の2エリアに別れたということらしいです。
お互い近い場所にあるにも関わらず、ちょっとした違いがあったりもします。

共に最寄り駅はJRと京浜急行の川崎駅になりますが、歩いてお店に向かうとなると若干距離があります。
どちらかと言うと歩いていくのであれば、南町の方が便利だと思います。
それでも多くのお店が無料送迎してくれるので、そちらを利用することをお勧めしたいところ。

ソープの店舗数は堀之内の方が多いですが、S着が義務化されているお店ばかり。
南町もS着のお店が多いですけれど、義務化していないお店もあるにはあります。
高級店以上を除けば堀之内の方がプレイ時間が短いことも違いとして感じられるところです。

私が利用していて感じる違いは他にもあります。
堀之内の方が若いソープ嬢が多いなと思うんです。
もちろん南町にも若い嬢はいますが、今まで遊んだ感じでは熟女さんが割と多め。

料金の違いはそれほど大きく感じません。
ただ前述した様にほぼ同じ料金の大衆店などでは、南町の方がプレイ時間が長い店が多いと思います。
少しでも長く楽しみたい方なら、南町の方がお得感があるかもしれません。

川崎のソープで高級店で遊ぶとなると総額6万円以上が必要になってしまいますが、嬉しい事に1万円台前半で遊べてしまう格安なお店もあったりもします。
川崎のソープはしつこいポン引きもいませんし、今まで数えきれないほど利用して悪質だと感じたことはありません。
何より女性の質が他のソープ街に比べてかなり高いのも魅力だと思いますよ。

それと川崎大師へ初詣に行った後の姫始めや、川崎競馬で儲かった後に立ち寄れることも魅力ですね。

関西の方には、福原ソープがおすすめです。
神戸を観光した後や、ほっともっとフィールド神戸で野球観戦をした後に女の子とお風呂でイチャイチャするのはいかがでしょうか。
川崎と同じように1万円台前半で遊べるお店もたくさんあります。

福原で一番安く遊ぶならいくら必要?

コロナの影響で日本経済にかなりの大打撃を受けていて、これから先の給料に不安があるという方も多いのではないでしょうか。
収入の減るどころか仕事が無くなるというのもありますし、そうなると風俗に使えるお金は少なくなってしまうものですが、それでも風俗を楽しみたい、福原ソープに行きたいと考える方もいるでしょう。
では、今の福原でとことん費用を抑えて遊ぶにはどうすればいいのか、そして最低予算はいくらぐらいになるのでしょうか。

◆ 安く遊ぶなら割引が重要

ソープランドは一部の高級店を除いて、ほぼ全てのお店が様々な割引をしています。
タイムサービス、新人割引、イベント割引、団体割引などなど、お店によっては割引が適用されない時間が無いというお店もありますから、事前に色々と調べて割引を見つけ出して利用するのが、安く遊ぶための鉄則となります。

また、こうした割引は併用こそ出来ませんが、適用する割引によって割引率が違ったりします。
どの割引が適用されるのかはお店の判断になることが多いのですが、うまく考えて割引が使えれば、想像以上に安く遊ぶことも可能となります。

◆ 候補となるお店は2つ

では、どのお店が安く遊べるのかですが、候補として挙がるのは次の2つでしょう。

1.『Mrs.マドンナ』
2.『ビギナーズ神戸』

この2つは、福原でも特に安いお店で、地域最安値を争うお店です。
まず『Mrs.マドンナ』ですが、一番短いコースが40分10,000円、通常であれば指名料が+1,000円必要となりますが、サービスタイムならそれも込みで10,000円となります。
指名料が掛からないフリーでも値段が変わらないので、最低10,000円~と言えるでしょう。

次に『ビギナーズ神戸』ですが、こちらは基本料金は一番短いコースで45分15,000円。
しかし、6時から先着30名に限り45分10,000円で利用することが出来ます。
遊ぶ時間が限定されてしまいますが、『Mrs.マドンナ』より5分長く遊べるというのは魅力です。
また、『Mrs.マドンナ』はその店名通り人妻・熟女専門店ですが、こちらは若い素人系女性中心のお店です。
傾向として人妻店は相場は安くなりがちですから、そういった意味でもこちらの価格はかなり破格と言えます。

吉原などであれば10,000円を切るソープランドも登場していますが、福原においては最安値は10,000円ということになりそうです。
期間限定イベントなどでもこれを下回ることはなさそうですから、福原を利用するなら最低10,000円、消費税など余裕を見て15,000円程度で遊びに行きましょう。

Read More