川崎のソープ街、堀之内と南町の違いと魅力

堀之内と南町の地図

川崎と言えば歴史があり関東でも有数のソープ街として知られています。
吉原ほどの知名度ではないにしろ、ソープ街としてはかなり有名な場所だと思います。

元々は堀之内から南町まで遊郭がまたがっていた様ですが、明治時代になって堀之内のお店は南町へと移転することになりました。
でも移転しないでそのまま残ったお店もあった為、今のような形で堀之内と南町の2エリアに別れたということらしいです。
お互い近い場所にあるにも関わらず、ちょっとした違いがあったりもします。

共に最寄り駅はJRと京浜急行の川崎駅になりますが、歩いてお店に向かうとなると若干距離があります。
どちらかと言うと歩いていくのであれば、南町の方が便利だと思います。
それでも多くのお店が無料送迎してくれるので、そちらを利用することをお勧めしたいところ。

ソープの店舗数は堀之内の方が多いですが、S着が義務化されているお店ばかり。
南町もS着のお店が多いですけれど、義務化していないお店もあるにはあります。
高級店以上を除けば堀之内の方がプレイ時間が短いことも違いとして感じられるところです。

私が利用していて感じる違いは他にもあります。
堀之内の方が若いソープ嬢が多いなと思うんです。
もちろん南町にも若い嬢はいますが、今まで遊んだ感じでは熟女さんが割と多め。

料金の違いはそれほど大きく感じません。
ただ前述した様にほぼ同じ料金の大衆店などでは、南町の方がプレイ時間が長い店が多いと思います。
少しでも長く楽しみたい方なら、南町の方がお得感があるかもしれません。

川崎のソープで高級店で遊ぶとなると総額6万円以上が必要になってしまいますが、嬉しい事に1万円台前半で遊べてしまう格安なお店もあったりもします。
川崎のソープはしつこいポン引きもいませんし、今まで数えきれないほど利用して悪質だと感じたことはありません。
何より女性の質が他のソープ街に比べてかなり高いのも魅力だと思いますよ。

それと川崎大師へ初詣に行った後の姫始めや、川崎競馬で儲かった後に立ち寄れることも魅力ですね。

関西の方には、福原ソープがおすすめです。
神戸を観光した後や、ほっともっとフィールド神戸で野球観戦をした後に女の子とお風呂でイチャイチャするのはいかがでしょうか。
川崎と同じように1万円台前半で遊べるお店もたくさんあります。

安くて良サービスが人気の福原OLコスプレソープ

ソープランド業界では、グループ系列でソープランドを経営していることは珍しくなく、それなりの規模のソープ街であれば必ず系列店として営業している所があるものです。
福原ソープ街でもそういう方式で営業している所は多く、そうした所は比較的評判も良く安定して遊べるのが特徴となっています。
今回は、そんな福原ソープの系列店経営をしているお店の中で、ネットでもなかなか評判の良いおすすめのコスプレソープ店を紹介します。

◆ 秘書プレイの魁として安くて良質サービスが人気

今回取り上げるのは、福原でも格安店でありながらサービスが良いということで人気が高い、『社長秘書』と『秘書と社長』です。
どちらもコンセプトは一緒ですし料金もほぼ一緒ということで、店名こそ違うものの本店と支店といった感じの認識で良いでしょう。
本店となっているのが『社長秘書』で、後から出来たのが『秘書と社長』です。

元々福原には、OL系イメクラソープとして『神戸OLコレクション』というお店もありましたが、そちらが閉店したため実質このジャンルに関しては独占に成功した形になっています。
だからといってそれによってサービスが悪くなったと言うようなことは無く、むしろ毎年改善を続け開店当初より評判の良いサービスを提供しています。

◆ それぞれのお店の特徴

・『社長秘書』

『社長秘書』は、桜筋に10年以上前から店を構えており、当時の福原では珍しいイメージプレイ専門店の一つでした。
建物は5階建てでエレベーターは無し、前身はヘルス店となっておりそこの内装を変えてのオープンしています。
基本料金は、45分19,000円、60分23,000円から120分まで、サービスタイムであれば各コース5,000円引きとなり、早朝であればなんと7,000円引きになるということで、早朝ソープともなれば福原でも最安値に近い価格です。

このお店で一番言われるのは、やはりサービスについてです。
格安店ながらもしっかりとしたサービスに定評があり、短時間のコースでもしっかりイメージプレイが出来るということが人気の要因といえるでしょう。

・『秘書と社長』

こちらは、2014年頃に柳筋に開店したお店で、前身は『EBISU』という90分33,000円の中級店です。
そのため、建物的な部分では『社長秘書』よりもソープランドに適していて、部屋の広さなどはこちらの方が広いと言われています。
基本料金は、『社長秘書』と同じく45分19,000円、60分23,000円から120分まで、割引もほぼ一緒ですが平日限定のオールタイム割引になると6,000円というのが若干の違いでしょうか。

キャストの質もサービスもほぼ変わらないですが、やはり建物の違いによる設備の差というのはどうしても出てしまいます。
逆に言えばそこぐらいしか差は無いので、広めの部屋で遊びたければ『秘書と社長』を選ぶというのも十分アリです。

福原で一番人気とも言われるイメクラソープ店ということで、平日でもかなり繁盛しているようです。
手軽にイメージプレイを楽しめるので、そういったプレイをやったことの無い人はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Read More