現代のソープランドで美人と言われる条件

時代によって「美しい」というものの基準は変わってきていて、現代日本においても40年前、30年前、20年前、10年前の美人と現在の美人では、もはや全くの別物となっています。
ソープランドでもこうした美人の流行というものがあって、時代によって大きく変わってくるものなのです。
今回は、ソープランド業界における美人の基準について取り上げてみます。

◆ 美人なソープ嬢の基準

ソープランドにおいて美人キャストと言われる要素はいくつかありますが、注目されるのはやはり「顔」と「スタイル」の2つです。
この2つの要素を備えていることが、美人キャストの最低条件でしょう。

現代のソープランド業界で美人と言われるのは、やはり顔立ちが整っていて鼻筋の通った全体的にシャープというかスラッとしたイメージの顔立ちです。
いわゆるモデルタイプといったタイプで、芸能人でも美人と言われているタイプというのがわかりやすいでしょうか。
高級ソープでもこういうったタイプの女性は積極的に採用されていて、見栄えのする華やかさが人気の要因のようです。

スタイルも、身長が高く手足も長いスタイルの良さは必須で、胸のサイズも小さすぎず大きすぎず、ウエストもくびれがあってお尻も程よく肉付きの良さを感じられるという、こちらもモデル体型が人気です。
日本人は人種的にモンゴロイドという人種に分類されますが、そのモンゴロイドの特徴であるずんぐりむっくりした体型というのは美人とはならず、欧米人に多いコーカソイド系のスタイルが好まれているようです。

◆ 最近は程良く筋肉がある女性が人気

もう一つ昔と変わってきた基準として、「女性らしいふくよかな体型」ではなく「程良く筋肉のついた女性」が好まれるようになっています。
ボディビルダーのようなガチの筋肉ではなく、スタイルをしっかり維持出来るぐらいの程良い筋肉で、腹筋がうっすら割れているぐらいが目安です。
筋肉は、脚線美を維持したりウエストのくびれを作り出すのに重要ということで、ソープ嬢の中にもスタイル維持のためにジムに通って鍛えている人が増えています。
そんな努力が認められつつあるのか程良い筋肉は健康的と感じる人が増えたのかはわかりませんが、筋肉女性の人気が高くなっています。

今の美人の基準というのも10年後20年後にはまた変わっているでしょうし、それに合わせてソープランドで持て囃される美人というのも変わるでしょう。
次はどんなタイプが美人と言われるようになるのか、ちょっと楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

Read More