人妻や熟女好きには注目の風俗街となりつつある福原ソープ

ソープ嬢と言えば若い女性が人気というのは今も昔も変わらないものですが、近年のソープランド業界では30代・40代のいわゆる姉系とか若妻、人妻といった年齢層の需要が高まっています。
福原ソープ街でも年々その比率が高まってきていて、新しいお店が出来るとこの年齢層のお店だったりということが多いです。
30代・40代の大人の女性が好きという男性には目が離せないのが、今の福原なのです。

◆ 2022年開店の大人の女性と遊べるおすすめ2店

2022年も下半期にもなればそれなりに新規オープンのお店も揃ってきますが、その中で大人の女性と遊べるお店として紹介したいのが、次の2店です。

まずは『熟妻あいらんど』で、2022年9月10日より元『Daisy』の場所で営業しています。
40代女性が在籍している熟女店で、同地区の『神戸妻』がプロデュースをする系列店です。
『神戸妻』は、福原でも非常に人気の高い人妻・熟女店であり、そこがプロデュースをしているということもあって、その質にはとても期待されています。
料金も60分16,000円と安めの料金設定になっていますので、比較的遊びやすいお店と言えるでしょう。

次に『LA PINK』で、こちらは2022年8月より営業している人妻店で、元『Daisy』のキャストが多く流れていると言われているお店です。
前述の『熟妻あいらんど』よりもやや若い30代の女性が主役となっていて、昨今加熱している福原の人妻・熟女系ソープに新しい風として期待されています。
料金は60分19,000円と若い分だけ少し高めに設定されているのですが、本氏名でも指名料無料なので、実質1,000円しか違わないということも考えれば、高すぎる設定ではないでしょう。

◆ 質が高まる福原の人妻・熟女系ジャンル

今回登場した2店も含め、福原には10店舗以上の人妻・熟女系のソープランドが営業しており、年々その競争は激しさを増しています。
そもそもソープランド業界では若い女性の方が人気が高いというのは変わらず、顧客の獲得という部分では人妻・熟女系は非常に厳しいと言わざるを得ないのが現実。
そんな中での競争ですから、下手なサービスを提供しているとあっという間に消えていってしまいます。
しかしながら、そういった状況ではサービスの良化も期待出来ますので、気になったお店があればすぐに行っておくのが良いでしょう。

ソープ嬢の高齢化という要因もあって、今後も福原では人妻や熟女系のお店は増えていく可能性は高いです。
人妻や熟女系の年齢層の女性に慣れていないという方は、今後のことも考えて今のうちに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

Read More