ソープランドから消えつつあるマットプレイ

ソープランドには様々なプレイがありますが、その代表的とも言えるのがマットプレイ。
たっぷりのローションでヌルヌルになった嬢との密着感を味わえるプレイで、昔は「ソープランド=マットプレイ」と言っても過言ではない定番中の定番プレイでした。
しかし、現代のソープではその公式も崩れ、むしろ消滅寸前のプレイとなってしまっているのです。

◆ マットプレイが消えつつある原因は?

ソープランドからマットプレイが消える原因ですが、3つの理由があると言われています。

まず1つ目は「格安店の流行」です。
格安店は、安く遊べる他業種の風俗に対抗して登場したジャンルで、デリヘルやホテヘルに近い値段設定で遊べるソープです。
相場としては40~50分で15,000円前後で、この時間ではソープのプレイをフルで行うにはお世辞にも十分な時間とは言えず、その結果マットプレイがオミットされていることが多いのです。
つまり、格安店ではマットプレイを体験することが出来ず、これはコースの時間がロングであっても出来ないことが多いです。
お店によってはロングコースであれば対応してくれる所もありますが、格安店はプレイルームが狭く浴室も小さくマットを設置するのに十分なスペースが無かったりするのも珍しくないので、完全に無しとしているわけです。

もう1つは「マットが出来るソープ嬢の減少」です。
マットプレイをしない格安ソープが主流となってある程度の年月が経ち、現在ではまともにマットプレイが出来るソープ嬢が減少しています。
特に若いソープ嬢はマットが無いお店にしか在籍したことが無い方も多く、技術の継承がされていないのです。
マットを売りにしたコンセプトや高級店でもなければマットの講習もほとんど行われていませんから、継承も行われないというわけです。

最後の1つが「マットの需要の減少」です。
これは、近年目立つようになったと言われる問題で、マットプレイを望む男性が少なくなっているというものです。
昔は大人気だったマットプレイの需要が減った理由は、前述の2つも関係していると考えられます。
「マットプレイが無いのでそもそも馴染みが無いこと」「ソープ嬢の技術も継承されていないのでまともなプレイがされず、体験しても良さを実感出来ないこと」などが理由のようです。

マットプレイは、ちゃんとしたテクニックを持つソープ嬢がやれば、ハマってしまう方も多いプレイです。
減ってきているとはいえまだ上質なマットプレイを楽しめるお店はありますので、マットプレイに魅力を感じたことが無いという方は、一度ちゃんとしたマットプレイが出来るお店を利用してみましょう。

Read More