福原にある似たコンセプトのソープランドたち

どんな物にも類似品というものはあって、意図せずともなんか似てしまうことはよくあることです。
さて、ソープランドでもそれは当然あって、同業種の商売ということで人気であればコンセプトを似せてくるのは普通の考えでしょう。
福原ソープ街でもこうした同様のコンセプトで営業している所がいくつかあります。
今回はそういった類似コンセプトのお店をいくつか取り上げてみましょう。

◆ 『秘書と社長』と『社長秘書』

福原ソープにおいて「似てるコンセプト」で最初に思い出されるのがこちらの2店ではないでしょうか。
どちらもOLをテーマにしたイメージ系ソープで、スーツ姿が制服となっています。
プレイルームにも社長室を模したような椅子や机が用意されていて、そこでのプレイというのが基本となります。

料金はどちらもほぼ同じで、時間も一緒、質やサービスについても嬢次第という所があって、お店自体は特別どちらが優れているということはないようです。
利用客の中には「お店を間違えたけど最後まで全く気付かなかった」なんて話があるくらい似ているということで、スーツ姿の女性とエッチを楽しみたいなら、このどちらかに行ってみましょう。

◆ 『M-Dolls』と『セント・エミリオン』

アキバにおいてメイド喫茶というものが人気になって以降、様々なお店でメイドが採り入れられていきました。
福原でも今までは『M-Dolls』のみがメイドをコンセプトにしていましたが、ここに来て新登場の『セント・エミリオン』が人気を高めています。

これらのお店の特徴としては、メイド服でのサービスというだけではなく、ヘルス系でよく見かけるオプションが多数用意されているということです。
ローターやパンストなどの道具やコスプレ系、それからごっくんや聖水、AFといったプレイ系のものまで、価格も1,000円~5,000円ぐらいの間で色々と取り揃えられています。
コース料金とは別途にオプション料金が発生するため、オプションによっては使うと他よりもやや割高になってしまうのは否めませんが、上手に使えば何度でも遊べるお店と言えます。

◆ 『聖スムーチ女学園』と『ていくぷらいど.学園』と『エピローグ学園』

これらは全て学園系というコンセプトのお店で、それぞれ衣装などに若干の違いはありますが、値段や時間もほぼ同じ40~45分で14,000~17,000円といった金額でお手軽に遊べます。
一ジャンルとして人気であるため、『ていくぷらいど.学園』などは福原でも老舗になりつつあるお店で、安定した遊びを楽しめます。

そのコンセプトからも若い女性が多数在籍しているので、若い女性と遊ぶ時には最適と言えます。
イベントなどでは制服以外のコスチュームも用意されたりしますので、コスプレ系ソープが好きな方にはぴったりです。

何十もお店がある大規模ソープ街だからこそ、こうしたコンセプト被りのお店が出てくるというもの。
似たコンセプトであってもお店によってサービスは少しずつ違っていたりしますので、お互いを行き比べてみても面白いかも知れません。

Read More